クレーム・ディプロマットの作り方[Crème diplomate]

カスタードと泡立てた生クリームを合わせた軽い食感のディプロマット

ディプロマットクリームとはカスタードクリームと泡立てた生クリームを合わせたクリームのことです。フランスではクレーム・ディプロマットやクレーム・レジェールといいます。

濃厚なカスタードクリームにふんわりとしたホイップクリームを合わせるため、食感が軽くなります。

タルトやアントルメのクリームとして用います。本来、フレジエにはカスタードクリームにバターを加えたムースリンヌクリーム、ミルフィーユにはカスタードクリームなどの重めのクリームを用いますが、クリームを軽い食感にしたい場合にはこのディプロマットクリームを使います。

ディプロマットクリームに必要な材料や道具、作り方を説明します。

  • 調理時間:30分
  • 冷蔵時間:1時間

[フランス語名]
クレーム・ディプロマット Crème diplomate
クレーム・レジェール Crème légère



ディプロマットクリームの材料

牛乳 250g
卵黄 40g(卵2個分)
グラニュー糖 45g
コンスターチ 15g
薄力粉 15g
生クリーム 100g

生クリームは乳脂肪分が30%以上のものを使用してください

必要な道具

  • 片手鍋
  • 泡立て器
  • スパチュール/ヘラ
  • ボウル
  • ラップ
  • 泡立て器/ミキサー
  • ゴムベラ



ディプロマットクリームの作り方

ディプロマットクリームはカスタードクリームを作って冷やして、泡立てた生クリームと混ぜ合わせてつくります。

1. カスタードクリームをつくりましょう

まずは、カスタードクリームを作って冷やします。カスタードクリームが冷えるのに1時間程度かかるので、必要な時間から逆算して作りましょう。

カスタードクリームの作り方はこちらのリンクをご覧ください。

クレーム・パティシエールのレシピ[カスタードクリーム]
クレーム・パティシエールのレシピ[カスタードクリーム]

2. 生クリームを泡立てましょう

ボウルに生クリームを入れて、泡立て器(ハンドミキサー)で泡立てます。しっかりとツノが立つまで泡立てます。

生クリームを泡立てる[クレーム・シャンティイの作り方 Crème Chantilly]
生クリームを泡立てる[クレーム・シャンティイの作り方 Crème Chantilly]

3. クリームを合わせましょう

別のボウルに冷やしたカスタードクリームを入れて、泡立て器でなめらかになるように混ぜ合わせます。

カスタードクリームを使う前に混ぜる
カスタードクリームを使う前に混ぜる

泡立てた生クリームを半分加えて、ゴムベラで混ぜ合わせます。

カスタードと生クリームを合わせる[クレーム・ディプロマットの作り方 Crème diplomate]
カスタードと生クリームを合わせる[クレーム・ディプロマットの作り方 Crème diplomate]

クリームが混ぜ合わさったら、残りのカスタードクリームを加えます。なめらかなクリームになったらできあがりです。

カスタードと生クリームを合わせる[クレーム・ディプロマットの作り方 Crème diplomate]
カスタードと生クリームを合わせる[クレーム・ディプロマットの作り方 Crème diplomate]

絞り袋に入れるなどして、アントルメの土台として使いましょう。

カスタードと生クリームを合わせる[クレーム・ディプロマットの作り方 Crème diplomate]
カスタードと生クリームを合わせる[クレーム・ディプロマットの作り方 Crème diplomate]

Pinterestでシェアの際にご利用ください

Pinterest クレームディプロマット




基本レシピ
基本クリーム

フランス語のレシピ講座

お菓子作りのコツ