牛乳のざくざくレーズンスコーンの作り方

牛乳入りのザクザクとした素朴な干しぶどうスコーンのレシピ

本来は生クリームを入れて作るスコーンですが、今回は生クリームを牛乳に替えて作りました。ザクザクとして素朴な味わいですが、生クリーム入りのスコーンと変わらないくらいのおいしさです。

牛乳入りの干しぶどうスコーンの材料や道具、作り方を説明します。また、干しぶどうが乾燥せず、しっとりと柔らかにする方法も紹介します。



干しぶどうスコーンの材料

長方形(5cm×5cm)のスコーン8個分

薄力粉 280g
ベーキングパウダー 8g
ひとつまみ
グラニュー糖 50g
バター 60g
50g(Sサイズ1個)
牛乳 60g
干しぶどう 100g

バターはつかう直前まで冷蔵庫に入れておきます。

必要な道具

  • ボウル
  • フォーク
  • スケッパー
  • ナイフ
  • ラップ



干しぶどうスコーンの作り方

ボウルに材料を順番に加え、混ぜ合わせいきます。

1. 粉類とバターを混ぜ合わせます

ボウルに薄力粉、ベーキングパウダー、グラニュー糖、塩を入れて、軽く混ぜ合わせます。

バターを1cm角に切り、ボウルに加えます。バターと粉類をスケッパーで切るように混ぜ合わせます。ぽろぽろとした生地ができます。

牛乳入りでザクザクとした食感の素朴な干しぶどうスコーンのレシピ
牛乳入りでザクザクとした食感の素朴な干しぶどうスコーンのレシピ

2. 卵と牛乳を加えましょう

別のボウルに卵と牛乳入れ、混ぜ合わせます。

牛乳入りでザクザクとした食感の素朴な干しぶどうスコーンのレシピ
牛乳入りでザクザクとした食感の素朴な干しぶどうスコーンのレシピ

この液をボウルに加えてスケッパーで切り混ぜます。ぽろぽろとした生地ができたら混ぜるのを止めます。完全に混ざらず、粉っぽさが残っていてもかまいません。干しぶどうを加えて、手で生地をまとめます。

牛乳入りでザクザクとした食感の素朴な干しぶどうスコーンのレシピ
牛乳入りでザクザクとした食感の素朴な干しぶどうスコーンのレシピ

3. 生地を休ませましょう

生地をひとまとめにして、四角の形にします。ラップに包み、冷蔵庫で1時間ほど休ませます。

牛乳入りでザクザクとした食感の素朴な干しぶどうスコーンのレシピ
牛乳入りでザクザクとした食感の素朴な干しぶどうスコーンのレシピ

4. 焼成しましょう

オーブンを175℃に予熱し始めます。

生地を適当な好きな大きさに切ります。ナイフで四角に切ったり、丸型に型抜いたり、丸めたり、好きな形でかまいません。オーブンシートを敷いたオーブン板に並べます。

牛乳入りでザクザクとした食感の素朴な干しぶどうスコーンのレシピ
牛乳入りでザクザクとした食感の素朴な干しぶどうスコーンのレシピ
牛乳入りでザクザクとした食感の素朴な干しぶどうスコーンのレシピ
牛乳入りでザクザクとした食感の素朴な干しぶどうスコーンのレシピ

オーブンに入れ、175℃で23~25分ほど焼きます。スコーンの底を見て、焼き色がついていたら焼き上がりです。オーブン板ごと取り出して網の上で冷まし、あら熱が取れたらオーブン板から外して網の上で冷まします。

牛乳入りでザクザクとした食感の素朴な干しぶどうスコーンのレシピ
牛乳入りでザクザクとした食感の素朴な干しぶどうスコーンのレシピ

あら熱が取れたら、密閉した容器や袋に入れて保存してください。




生地別レシピ
ガトー

フランス語のレシピ講座

お菓子作りのコツ