ガトーフロマージュの作り方[Gâteau au fromage]

クリームチーズとフロマージュブランを使ってガトーフロマージュを作りました。ガトーフロマージュとはチーズケーキのことで、フランス語でガトー・オ・フロマージュと言います。ガトーフロマージュを作るための材料や道具、作り方を紹介します。

  • 調理時間:20分
  • 焼成時間:50~60分
  • 冷蔵時間:4時間以上

[フランス語名]
ガトー・オ・フロマージュ Gâteau au fromage / un gâteau au fromage

ガトーフロマージュの材料

20cmのセルクル型(丸型)

スペキュロス 120g
無塩バター 60g
クリームチーズ(フィラデルフィア) 300g
フロマージュブラン 200g
グラニュー糖 100g
150g(3個分)
レモン汁 大さじ3杯
薄力粉 10g
コンスターチ 20g

クリームチーズはフィラデルフィアのものを使っています。

クリームチーズのフィラデルフィア
クリームチーズのフィラデルフィア

必要な道具

  • ザル
  • キッチンペーパー
  • ビニール袋
  • 綿棒
  • スプーン
  • 直径20cmセルクル型
  • ボウル
  • 泡立て器
  • ゴムベラ
  • 大さじ
  • こし器
  • オーブンシート
  • オーブン板

ガトーフロマージュの作り方手順

ガトーフロマージュはひとつのボウルに材料を順番に加えて、混ぜていきます。

フロマージュブランを水切りします

ガトーフロマージュを作る前日にフロマージュブランを水切りします。フロマージュブランを水切りすると、出来上がりがしっとりと濃厚な食感となります。

ザルにキッチンペーパーを敷き、フロマージュブランをのせます。フロマージュブランの表面にもキッチンペーパーを重ねて、冷蔵庫に入れて一晩起きます。

フロマージュブランの水切り

クリームチーズはもともと水分が少ないため、水切りはしなくても構いません。

土台を作ります

セルクル型の下にオーブンシートを敷きます。スペキュロスをビニール袋に入れて、綿棒で叩いて粉々にします。

スペキュロスを砕きます
スペキュロスを砕きます

バターを電子レンジに入れて溶かします。(600wで30~60秒)溶かしバターを粉々のスペキュロスに加えて、スプーンで全体に馴染ませます。

チーズケーキの土台

スペキュロスを肩の底に平らに敷きます。型ごと冷蔵庫に入れておきます。

スペキュロスを型に敷きます

材料を混ぜます

材料を混ぜる前に、オーブンを180℃に温め始めます。

ボウルにクリームチーズとフロマージュブランを入れます。

クリームチーズとフロマージュブランを加えます

泡立て器で滑らかになるように混ぜ合わせます。

クリームチーズとフロマージュブランを混ぜ合わせます

グラニュー糖を加えて、さらに混ぜ合わせます。

クリームチーズに砂糖を加えます

卵をひとつずつ加えて、しっかりと混ぜ合わせます。

クリームチーズに卵を加えます

小麦粉とコーンスターチを加えて混ぜます。

小麦粉とコーンスターチを加えます

レモン汁を加えて混ぜ合わせます。

レモン汁を加えます

これでチーズケーキの生地が出来上がりです。

型に流し入れます

型にチーズ液を漉しながら、流し入れます。

チーズケーキの生地を流し入れます

チーズ生地は漉さなくても構いませんが、漉すと焼成時に膨らみが均一になります。平らにきれいに焼けるので、面倒でも漉すのをお勧めします。

表面をスプーンを使って平らにします。

チーズケーキの生地を平らにします

オーブンで焼きます

余熱の終わったオーブンに入れて、180℃で50分~60分焼きます。

チーズケーキの焼き上がり

焼き上がりは生地が膨らんでいて、型の底にはバターが溶けています。

冷まします

焼き上がった生地は型ごと冷まします。

チーズケーキを冷まします

冷めると生地は落ち着いてへこんで、バターも吸収されます。粗熱が完全に冷めたら、冷蔵庫に入れて4時間以上冷やします。

ガトーフロマージュの焼き上がり

型に入れたまま冷やすと型崩れしにくくなります。食べる直前まで冷蔵庫に入れておきましょう。焼き上がった翌日以降が食べごろです。

ガトーフロマージュの焼き上がり
ガトーフロマージュの焼き上がり
生地別レシピ
ガトー

フランス語のレシピ講座

お菓子作りのコツ