ブリゼ生地のレシピ[Pâte brisée パット・ブリゼ]

タルトやキッシュ用の甘くないブリゼ生地の作り方

フランス菓子の基本の生地であるブリゼ生地の材料や道具、作り方を紹介します。ブリゼ生地は水分の多いタルトの土台やキッシュの土台などとして用います。

  • 調理時間:15分

[フランス語名]
パット・ブリゼ Pâte brisée

お菓子から学ぶフランス語講座

ブリゼ生地の材料

直径22cmのタルト型1台分

薄力粉 200g
砂糖 5g
3g
バター 100g
 75g

バターは使う直前まで冷蔵庫に入れておきます。

必要な道具

  • スケッパー
  • 作業台
  • ラップ



ブリゼ生地の作り方の流れ

粉類とバターを混ぜて、液体を加えて生地を作っていきます。

粉とバターを混ぜましょう

作業台に薄力粉、砂糖と塩を山のようにのせ、手をグーにして真ん中に穴をあけます。

バターを1cmほどの大きさに切り、穴の中に加えます。

小麦粉を置く[ブリゼ生地のレシピ Pâte brisée]
小麦粉を置く[ブリゼ生地のレシピ Pâte brisée]

指を使って、粉とバターを指や手でこするようにして混ぜ合わせます。体温でバターが溶けないようにすばやく行います。

バターと粉が合わさり、ポロポロした生地ができたらやめます。

小麦粉とバターを混ぜる[ブリゼ生地のレシピ Pâte brisée]
小麦粉とバターを混ぜる[ブリゼ生地のレシピ Pâte brisée]

混ぜすぎると生地に弾力性がですぎてしまいます。ある程度混ざったら大丈夫です。

2. 粉と水を合わせましょう

粉類とバターを合わせたものを山になるようにおき、手をグーにして山の中央に穴をあけます。穴の周囲を小麦粉で土手になるように形づくります。

その穴の中に水を流し入れ、スケッパーを使って切るようにして水と混ぜ合わせます。

小麦粉と水を混ぜる[ブリゼ生地のレシピ Pâte brisée]
小麦粉と水を混ぜる[ブリゼ生地のレシピ Pâte brisée]

土手が決壊すると水が流れ出てしまいますので気をつけましょう。生地をひとまとまりにします。

小麦粉と水を混ぜる[ブリゼ生地のレシピ Pâte brisée]
小麦粉と水を混ぜる[ブリゼ生地のレシピ Pâte brisée]

3. 生地を滑らせましょう

手のひらをつかって生地を台に数回(2〜3回)滑らせます。

これをおこなうと、生地が均一になります。ただ、やり過ぎてしまうと弾力がですぎて、生地が縮まってしまいます。

生地をサブラージュする[ブリゼ生地のレシピ Pâte brisée]
生地をサブラージュする[ブリゼ生地のレシピ Pâte brisée]

4. 生地を冷やしましょう

生地をラップに包み、冷蔵庫で2時間以上冷やします。できあがりです。

生地を冷やす[ブリゼ生地のレシピ Pâte brisée]
生地を冷やす[ブリゼ生地のレシピ Pâte brisée]

以上、ブリぜ生地(パット・ブリぜ)の基本の作り方でした。

こちらの記事も参考にご覧ください。

おいしい知識を手に入れよう!お菓子のレシピから学ぶフランス語講座

お菓子から学ぶフランス語講座
フランスのお菓子は世界的に有名ですが、なぜそのおいしさに魅了されるのでしょうか?

「お菓子のレシピから学ぶフランス語講座」では、フランスのお菓子作りの秘訣を探りながら、同時にフランス語を学ぶ貴重な機会を提供しています。

この講座では、本場フランスのお菓子のレシピをフランス語で読み解きながら、フランス語を習得します。マドレーヌ、タルト、シュークリームなど、フランスでも定番のお菓子のレシピを通じて、フランス語の基礎から応用まで幅広く学ぶことができます。

フランス語の勉強が初めてでも大丈夫!当講座では基本的なフランス語表現から、食材や道具の名前、作り方までを丁寧に解説しています。おいしいお菓子のレシピを作りながら、楽しくフランス語を学ぶことができるでしょう。

フランス語を学ぶだけでなく、お菓子作りの知識も身につけることができるこの講座は、フランス語学習者とスイーツの愛好者にとって理想的な組み合わせです。ご自宅で学べるダウンロード形式なので、時間や場所に制約されずに学ぶことができます。

「お菓子のレシピから学ぶフランス語講座」に参加して、おいしい知識を手に入れましょう!フランス語の魅力とフランスのお菓子作りの楽しさを同時に体験し、自分自身を豊かにしませんか?ご参加をお待ちしています!

詳しくみる

基本レシピ
基本生地

お菓子から学ぶフランス語講座

お菓子から学ぶフランス語講座
お菓子作りのコツ