シュクレ生地の作り方[Pâte sucrée パット・シュクレ]

割れにくくしっかりとしたタルト生地の作り方

フランス菓子の基本の生地であるシュクレ生地の材料や道具、作り方を紹介します。シュクレ生地はタルト生地のベースやアントルメの土台として、クッキー生地としてもつかいます。

  • 調理時間:13分

[フランス語名]
パット・シュクレ Pâte sucrée



シュクレ生地の材料

直径22cmのタルト型1台分

バター 100g
粉糖 80g
50g(Mサイズ1個)
薄力粉 200g
 ひとつまみ

バターは作成する30分ほど前に冷蔵庫から出しておきます。
粉糖はグラニュー糖で代用してもかまいませんが、粉糖のほうが生地に溶けなじみやすくなります。

必要な道具

  • ボウル
  • スパチュール
  • スケッパー
  • 作業台



シュクレ生地の作り方

シュクレ生地を手で作る場合のレシピを紹介します。

1. バターと砂糖を混ぜましょう

ボウルにバターとグラニュー糖を入れ、スパチュールでやわらかく滑らかになるまで混ぜます。

バターが固すぎる場合は、指をつかって混ぜてもかまいません。体温によってバターが温まり混ぜやすくなります。

砂糖がバターとしっかりと混ざり、ふんわりとしたクリーム状になるまで混ぜます。

砂糖とバターを混ぜる[シュクレ生地 Pâte sucrée]
砂糖とバターを混ぜる[シュクレ生地 Pâte sucrée]
砂糖とバターを混ぜる[シュクレ生地 Pâte sucrée]
砂糖とバターを混ぜる[シュクレ生地 Pâte sucrée]

2. 卵を加えましょう

ボウルに卵と塩を加え、スパチュールをつかって混ぜます。卵がバターになじまずスクランブルエッグ状になってもかまいません。というか、バターに水分である卵を加えると分離します。

卵を加える[シュクレ生地 Pâte sucrée]
卵を加える[シュクレ生地 Pâte sucrée]
卵を加える[シュクレ生地 Pâte sucrée]

4. 小麦粉と混ぜます

作業台に小麦粉を山になるようにおき、拳をつかって山の中央に穴をあけます。穴の周囲を小麦粉で土手になるようにします。

小麦粉と混ぜる[シュクレ生地 Pâte sucrée]
小麦粉と混ぜる[シュクレ生地 Pâte sucrée]

その小麦粉の穴に卵・砂糖・バターの液を流し入れます。

小麦粉と混ぜる[シュクレ生地 Pâte sucrée]

スケッパーを使い、小麦粉と卵液を切るように混ぜ合わせます。

小麦粉と混ぜる[シュクレ生地 Pâte sucrée]
小麦粉と混ぜる[シュクレ生地 Pâte sucrée]
小麦粉と混ぜる[シュクレ生地 Pâte sucrée]
小麦粉と混ぜる[シュクレ生地 Pâte sucrée]

生地をひとかたまりにします。粉っぽさが残ってもかまいません。

手のひらをつかって生地を台に数回(2〜3回)滑らせます。これをおこなうと、生地が均一になります。

生地をサブラージュする[シュクレ生地 Pâte sucrée]
生地をサブラージュする[シュクレ生地 Pâte sucrée]
生地をサブラージュする[シュクレ生地 Pâte sucrée]
生地をサブラージュする[シュクレ生地 Pâte sucrée]

やり過ぎてしまうと弾力がですぎて、生地が縮まってしまいます。ただ、生地の中にバターの塊が残っていないようにしましょう。バターの塊があると焼成中に溶けて生地に穴があいてしまいます。

4. 生地を冷やします

生地をラップに包み、冷蔵庫で1時間以上冷やします。シュクレ生地のできあがりです。

生地を冷やす[シュクレ生地 Pâte sucrée]
生地を冷やす[シュクレ生地 Pâte sucrée]




基本レシピ
基本生地

フランス語のレシピ講座

お菓子作りのコツ